FC2ブログ
マンション情報 for U
素敵なマンション情報をお届けします  このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

太陽光発電の助成が増加傾向

2007/08/03(金)
 一般家庭を対象にした京都市の太陽光発電システム設置助成の件数が徐々に増えている。制度導入から5年目を迎えるが、助成は通算700件を超えた。本年度から賃貸マンションの所有者にも対象を広げ、地球温暖化防止につなげていこうとしている。

 太陽光発電システムの普及に向け、市では2003年度から1戸建て住宅を対象に助成制度を新設し、18万円を上限に1キロワット当たり4万5000円助成している。04年度155件、05年度172件、06年度224件と徐々に助成件数が増加している。

 市によると、システム導入の初期投資で平均250万円前後かかるが、1世帯当たり年間1.3トンの二酸化炭素削減につながるほか、電気代も年間7万3000円程度の節約になる。市地球温暖化対策室では「初期投資は割高だが、30年で回収できる。環境意識の高い市民も増えており、今後も増加が期待できる」としている。

 一方、1戸建て住宅のほか、06年度から分譲マンションの管理組合にも50万円を上限に1キロワット当たり2万5000円の助成を始めたが、初年度の実績はゼロだった。このため、07年度からは助成額を倍増したうえ、賃貸マンションも対象に加え、18万円を上限に1キロワット当たり4万5000円を助成している。

 同室は「マンションへの誘導が課題であり、今後、太陽光発電の必要性を訴え、導入を促していきたい」と話している。

引用元:京都新聞
スポンサーサイト
ニュースTB:0CM:0

日比谷線「広尾」駅のマンション平均価格は5倍超に 不動産経済研

2007/08/03(金)
 不動産経済研究所は8月2日、07年上半期新規マンションの平均価格、平米単価の上昇率トップ20を発表した。

 それによると、「平均価格の上昇率」トップは日比谷線「広尾」駅で、前年同期比469.8%(平均価格2億5,865万円)と5倍を超える結果になった。要因は、高額物件「有栖川パークハウス」が供給されたことなどによるもの。続いて、南北線「白金高輪」駅が同268.5%(同3億1,650万円)、千代田線「根津」駅が同102.7%(同9,447万円)となっている。

 「平米単価の上昇率」でも日比谷線「広尾」駅が同123.8%(平米単価212.2万円)で1位。続いて、南北線「白金高輪」駅が同60.9%(同187.8万円)、京浜東北線「大宮」駅が同49.6%(同68.8万円)となっている。

引用元:asahi.com
ニュースTB:0CM:0

億ション続々、東京・港区の分譲マンション価格1年で倍に

2007/08/03(金)
 民間調査会社の不動産経済研究所は2日、2007年上半期(1~6月)に首都圏で売り出された分譲マンションの平均販売価格上昇率ランキングを発表した。

 市区町村別では、東京都港区(平均販売価格1億2236万円)の上昇率が前年同期比99・5%とほぼ2倍に値上がりし、トップだった。

 東京都千代田区(同1億4615万円)の90・6%、東京都目黒区(同9609万円)の60・0%が続いた。東京都稲城市も上昇率が50%を超えた。上位20地区の平均上昇率は32・2%だった。

 沿線・駅別では、東京都港区の東京メトロ日比谷線の広尾駅(販売価格2億5865万円)が、前年同期の約5・7倍と急上昇してトップになった。

 人気エリアの東京都港区では「億ション」と呼ばれる富裕層向けの高額・高級物件の建設が進んでいる。一方で港区のマンションの供給量は前年同期の4分の1程度に落ち込んでいる。同研究所では、「地価上昇に加え、希少性が高まり、価格が上がった」と分析している。

引用元:読売新聞
ニュースTB:0CM:0

首都圏のマンション価格、バブル期以来の伸び示す・民間調査

2007/08/03(金)
 不動産情報の東京カンテイ(東京・品川、松村優一郎社長)は31日、首都圏のマンション価格調査の結果を発表した。今年の3.3平方メートルあたり単価を2000年と比較すると5割以上上昇した地域が13カ所あり、バブル期以来の伸び率を示した。

 1―6月に分譲された新築マンション約2万2000戸を調査対象にした。京王線の富士見ケ丘駅周辺の3.3平方メートル単価は332万8000円と2.2倍以上拡大しているほか、7割以上上昇した地域も3カ所あった。

引用元:NikkeiNet
ニュースTB:0CM:0

マンションブランドを新たに「VERENA(ヴェレーナ)」に統一 日本綜合地所

2007/08/03(金)
日本綜合地所はこのほど、マンションブランドを新たに「VERENA(ヴェレーナ)」に統一したことを明らかにした。
 同社はこれまで、「グランシティ」「レイディアントシティ」のブランドでマンションシリーズを展開してきたが、2008年2月に創業15周年の節目を迎えるにあたり、ブランド名を変更するというもの。
 「ヴェレーナ」とは「真実・本物」を表すラテン語に起源を持ち、今日ではフランス語の女性名として使用されている。同社は「この言葉に『家族への愛』『自分の夢』『新しい笑顔』の意味を込めた」としている。
 なお、「ヴェレーナ」シリーズ第1弾は、「ヴェレーナ港北ニュータウン」(モデルルームオープンは平成19年9月上旬を予定)。

引用元:週刊住宅新聞
ニュースTB:0CM:0

新築マンションを格付け・レビューするサイト【マンション格付.JP】がユーザー会員を募集中

2007/08/02(木)
日本不動産格付株式会社(東京都新宿区・代表取締役 岡本健治)は、自社で企画・運営する新築分譲マンション格付けサイト【マンション格付.JP】にて、ユーザー会員を募集中です。
ユーザー会員にご登録いただくと、「かしこいマンションの買い方選び方」(実業乃日本社より8月末に出版予定、定価1,400円+税)を先着2,000名様にプレゼント。
初めて購入する人も、買い換えの方の人も知っておきたい知識が満載。「マンション格付.JP」のコンテンツを読む際の基礎知識としてもお勧め致します。
⇒ 【マンション格付.JP】はこちら ( http://www.manshon-kakuduke.jp/ )

【マンション格付.JP】では、一級建築士等の建築に関する専門家が、現地を踏査及び設計図書を閲覧し、
(1) 格付レーダーチャート
(2) 建築専門家による総評
(3) マンション別チェックシート
を作成することで、新築マンション購入者が分かりやすく物件評価を閲覧することが出来るよう配慮されています。

日本不動産格付株式会社では、「不動産市場を透明なマーケットに」を理念とし、インターネット上で新築マンションの格付けを公開することでデベロッパーとマンション購入者間の情報格差を是正し、マンション購入への不安感解消に務めております。

引用元:News2U.Net
ニュースTB:0CM:0
ホーム全記事一覧次のページ >>

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 マンション情報 for U All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。