FC2ブログ
マンション情報 for U
素敵なマンション情報をお届けします  このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

大津と草津、伸び増加 マンション好調

2007/08/02(木)
大阪国税局が1日に発表した2007年の土地の路線価で、滋賀県内の標準宅地の平均評価基準額が、1992年の統計開始以来、初めて2・3%の上昇に転じた。価格は1平方メートル当たり4万4000円。県内七税務署別の最高路線価は、大津など四署がプラス、彦根など3署が横ばいとなり、全署でマイナスから脱し、大津と草津の両署は伸び幅が増えた。背景には、景気回復による個人や企業の土地需要の高まりがある。

 不動産鑑定士の山内敏彰さん(58)=草津市=は「日本経済が上向き、これまで買い控えていた消費者が住宅を購入したり、企業が収益拡大のために新規店舗や工場を建設したことが影響している」と見る。

 特に好調なのが、マンション用地だ。国土交通省が発表している滋賀県新設住宅着工戸数によると、マンションなど共同住宅の着工戸数は、2006年には大津市が前年に比べて9・7%増の1894戸、草津市が8・4%増の1361戸と高水準が続いている。山内さんは「駅近くのまとまった土地に需要がある」と話す。

 県内の最高路線価は、大津市春日町のJR大津駅前通りと、草津市大路1丁目のJR草津駅東口広場が2年連続で上昇した。変動率はそれぞれ14・3%、13・3%で、伸び幅は前年と比べて大きくなった。

引用元:京都新聞
スポンサーサイト
ニュースTB:0CM:0
<< 新築マンションを格付け・レビューするサイト【マンション格付.JP】がユーザー会員を募集中ホーム全記事一覧松下電工、マンション向け全自動トイレを一部改良 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mansion4u.blog109.fc2.com/tb.php/33-cc56012d

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 マンション情報 for U All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。