FC2ブログ
マンション情報 for U
素敵なマンション情報をお届けします  このエントリーをはてなブックマークに追加

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

マンションの供給調整は解消するか?金利上昇が新たな懸念材料に

2007/07/13(金)
 今年下半期のマンション市況を展望した場合、最大のポイントは高水準を維持しているマンション着工戸数と、先送りされていた発売戸数との「ねじれ現象」が果たして解消に向かうのかどうかだろう。また、日銀が量的緩和を解除した昨年3月ごろから上がり始めている住宅ローン金利も、この1年数カ月で約1%上がっており、価格上昇とともにユーザーの購入マインドを大きく左右する要因となってきた。

 今年1~5月の新規発売戸数は、首都圏が18.6%減の2万2568戸、近畿圏が6.1%増の1万2328戸となっている。このままのペースで推移すれば、近畿圏は当初予測どおりの3万戸台を確保できる見通しだが、首都圏は8万戸どころか、7万戸の維持もおぼつかない状況になっている。

 こうした発売戸数の減少は、(1)都心部では地価上昇に伴う販売価格の先高観から発売を絞っている、いわゆる「売り惜しみ」現象がうかがえること(2)在庫が増えている千葉県や埼玉県の郊外部における供給調整(3)住居系不動産投資ファンドへの一括売却の増加――などが主因と見られている。特に金融庁による金融機関への不動産融資の監視強化は、郊外部や地方物件を主戦場として在庫を比較的多く抱えている中堅ディベロッパーにとっては新規物件を供給したくてもできない状況にあることも確かだ。

 首都圏マンションの着工戸数と発売戸数との関係を見ると、2001年から2004年までの4年間は着工戸数の7割強が発売されていたが、これが2006年には59%となり、今年1~5月では44.9%とついに5割を大きく割り込んだ。上記でも触れたようにディベロッパーサイドの事情で大幅な供給調整されてきたことをうかがわせるデータの一つとなっている。

 一方、ユーザーの負担増という点では、住宅ローン金利の上昇はふところ勘定に直結するだけに、下半期市況の大きな懸念材料になってきた。住宅ローン金利はこの7月から大手都銀が前月より0.1~0.25%の幅で引き上げた。7月に入っても判断材料となる長期金利は引き続き上がっている。大手都銀の場合、3年固定物の現行金利は3.4~3.5%と昨年3月の時点と比べた場合、約1%も上がっている。ちなみに3000万円を30年借りた場合、毎月の返済額は13万3000円と毎月約1万6000円も多く支払うことになる。

 こうした住宅ローン金利の上昇を受けて、ユーザーの間では「変動型」から「長期固定型」ローンへシフトし、自己防衛する傾向が鮮明となってきた。

 下半期の供給計画を見ると、三井不動産レジデンシャルや野村不動産といった大手は、東京都江東区・豊洲や千代田区・富士見町などで進めている大型プロジェクトを計画通り発売する予定だが、郊外部や地方を主戦場とするディベロッパーにとっては、今後も大幅な価格上昇も見込めないことから、やはり同業他社の価格動向や発売時期を見極める作業が優先することになるだろう。

 発売戸数・販売価格・住宅ローン金利の動向から目が離せないマーケットになっている。

引用元:asahi.com
スポンサーサイト
ニュースTB:0CM:0
<< つなぐネット、マンション向け緊急地震速報サービス「SCOOP」を発表ホーム全記事一覧都心に“物置”需要あり ビル改装、スペース貸し活発 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://mansion4u.blog109.fc2.com/tb.php/39-fbf2f179

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2006 マンション情報 for U All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。